仕事で疲労に陥らないための対策

仕事で疲労に陥らないための対策 イメージ

数時間のパート仕事なのにひどく疲れてしまう…。
家事や仕事を両立しながら生活している方はそんな悩みに直面することもあるでしょう。
疲労にも軽度から重度までありますが、慢性的な疲労がある場合は要注意です。

 

今回は疲労の原因と対策を考えてみましょう。

 

 

 

家事、育児との両立が困難・・・仕事の後に家事や育児をこなすのはただでさえ疲労がたまります。フルタイムで常に繁忙期といったような仕事を避け、シフト制で時間に融通が利く職場を選ぶといいでしょう。

 

 

 

頑張りすぎてしまう・・・他の人よりも多く仕事をしすぎて疲弊してしまうことはありませんか?自分にとってやりがいがあり、評価や時給アップにつながるのであればモチベーション維持につながります。
しかし、そうでなければ自分の許容量の範囲内にとどめたほうがベターです。
また、頑張り続けているうちに社員と同じレベルの仕事をまかされ始め、責任が重いのに給料が少ないといったことになりかねません。精神的、肉体的に疲労してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

 

 

残業が多い・・・残業も数回やたまにであればいいですが、日常的に続くとそれが深刻な疲労の原因にもなりかねません。
特に仕事の後に家事や育児をこなさなければならない主婦の方にとっては死活問題!
雇用先に改善を試みて駄目であった場合は新しい仕事先を探すのも一つの手段です。

 

 

 

ただでさえ、大変な家事と仕事の両立です。休日は外出したり、適度に休む等リフレッシュをこころがけましょう。

 

仕事と家事や育児のバランスを踏まえたうえで、自分の働く目的は仕事内容なのかお給料なのか?または両者か?

年末年始のこの時期は、家族と相談しながら来年に向けてワークライフバランスを考えるチャンスです。

 

条件に合わせたお仕事を探してみましょう!
https://ask-job.com/job-jouken

お役立ち情報の一覧へ