面接官の立場として4 ~熱意を持って~

面接官の立場として4 ~熱意を持って~ イメージ

面接官の立場として4 ~熱意を持って~

 

面接官はあなたの何を見ているのか。

過去の面接で「これはダメだと思われてるな」と感じて、結果不採用だったことはありませんか?

 

お互い納得して「合わない」と思ったなら良いのですが、実はあなたが「あ、これはダメかな」と思って面接中に諦めたことがあるなら、それは勿体なかったかもしれません。

採用をずっと続けている面接官の中には「自分の基準」ができている場合があります。良くも悪くもその面接官の持つスケールを当てて面接をしているのです。

これは、長年の経験で培った「感」である場合が多く、同じ傾向の採用になっているからこそ順調に企業が成長しているともいえるのですが、企業は変化しなければ生き残れない局面もあります。変化の時期には、今までにいなかったタイプが力を発揮し活躍することもあるでしょう。
面接官も人です。迷っている姿があなたに「ダメかな」と思わせる原因となり、諦めモードを出させてしまったのかもしれません。

 

もし面接官が迷っているだけなら、積極的に熱意を持って話すことで「今までいないタイプだが、逆にいいかもしれない」と思ってもらえる可能性もあります。あなたが諦めたら、そこで面接の時間も面接までの準備も無駄になってしまいます。 せっかく面接の時間を得ているのです。

もし、これからの面接で「ダメかも」と思っても、逆転採用を目指す心意気で最後まで熱意を持ってアピールし、自分を出し切ってください。

 

★今月のお勧め!→ 「早い者勝ち?! おすすめ条件で探す求人特集!」

お役立ち情報の一覧へ