「有給休暇取得の義務化」について 2

「有給休暇取得の義務化」について 2 イメージ

ここで有給休暇の取得条件をおさらいしてみましょう。

—–
労働基準法において、労働者は、
1. 雇入れの日から6か月継続して雇われている
2. 全労働日の8割以上を出勤している
この2点を満たしていれば年次有給休暇を取得することができます。
—–

基本的に入社から6か月以上経過し80%以上出勤していれば有給休暇は10日付与されます。今回の義務化は付与されてから1年以内に5日消化することを義務付けた法律です。「付与されてから」となっておりますので、中途採用の場合は採用する側もされる側も少し注意が必要になりそうですね。

次回は年次有給休暇の付与に関するルールを見てゆきます。
※出典:厚労省:働き方改革関連法解説(労働基準法/年5日の年次有給休暇の確実な取得関係)

 

★土日を含め休みの多い仕事を探しているあなたはASK-JOBのこの検索からどうぞ
土日休みの仕事を探す

お役立ち情報の一覧へ