面接の練習 3

面接の練習 3 イメージ

【面接の練習 3 録音・撮影する】


面接の練習をする時には、友達や家族に見てもらうことも大切ですが、スマホやカメラを使って分析することも有効です。
一昔前は、自分の発言や行動を録音・撮影をすることは手間のかかることでした。現在ではスマートフォンの普及により、誰でも手軽に録音や動画撮影ができます。この機能を面接の練習に活かしてください。


◆スマホを正面に設置して撮影する
面接官に対して自分がどんな目線を送っているか、対面にスマホを設置して撮影します。
カメラを面接官の目と思って、真っすぐ見る目線、少しそらせる目線など工夫してみましょう。また、話すときに出る自分のクセを理解することで、好印象に映る表情を作る練習にもなります。鏡を見るのも練習にはなりますが、録画はリアルタイムとは違うので、客観的に観察することで、自分を冷静に分析できます。


◆スマホを背面・横に設置して撮影する
正面からの見栄えは大切ですが、お辞儀の角度やキビキビと歩けているか、面接中の姿勢が正しいかなどは、少し離れたところからの撮影の方がよくわかります。面接を15分と想定し、15分間正しく座る練習にもなると思います。ずっと緊張している必要はありませんが、だらけているとチェックされますのでご用心を。離れたところからの撮影で面接時の自分の姿勢をチェックしておきましょう。


◆録音して聴き返す
動画でのチェックが終わったら、個々の企業に向けた志望動機、自己PRを録音してみましょう。
応募先の名称はきちんと発音できていますか? 自分のことを話すときに、はっきりと発音できていますか? 自信が持てるまで練習しましょう。
話す練習はすればするほど、面接の緊張を減らしてくれます。


いかがでしたか? スマホの活用で良い転職をつかんでください。

まだ自信のないあなたに次回は「会場を知る」をお伝えします。

 

 

面接の練習に自信譜が持てたら正社員を受けてみましょう!

https://ask-job.com/jobs?area=&s=%E6%AD%A3%E7%A4%BE%E5%93%A1

お役立ち情報の一覧へ